LeapMind
1日でディープラーニングの入門からデバイス上でのディープラーニング実装までを身につける

エッジディープラーニングトレーニング

次回開催日
2019年6月28日(金)
お申し込みはこちら

エッジディープラーニング
トレーニングとは

ディープラーニング入門からエッジディープラーニングの始め方までを1日で学べるコースです。
AI/マシーンラーニング/ディープラーニングの違いやなぜ今ディープラーニングなのか、ディープラーニングで何ができるか/既存技術との類似性と違いはもちろん、エッジディープラーニングの必要性やエッジシステムの制約、演算量の削減方法なども実際の現場でエッジディープラーニングを活用している講師陣から学べます。

習得できるスキル

ディープラーニングの基礎から実際に動かすまでを習得
ディープラーニングで何ができるか、既存技術との類似性や違いなどの基礎から、学習処理で行なっていることやなぜ学習にGPUを使うのか、推論処理で行なっていることなど実際に動かすまでを例題を用いながら学べます。
ディープラーニングの推論をデバイス上で実装するまでを習得
ディープラーニングにおける学習時の工夫や学習モデルの構築、TensorFlowを直接使う場合との違い、デバイス上での実装などを学べます。エッジディープラーニングの開発現場から産まれた開発手法を取得する事が出来ます。
エッジディープラーニング実践時の量子化技術を習得
一般的なディープラーニングの学習と推論はもちろん、エッジディープラーニングの必要性や組込みシステムの制約条件、エッジディープラーニング実践時に必要な量子化技術についても座学と演習を通して学べます。

基礎から実装まで学べる充実の内容

開催概要
ディープラーニング入門からエッジディープラーニングの始め方までをハンズオン形式で1日で学べるトレーニング
コースです。
受講内容
1.なぜディープラーニングを学ぶのか
2.ディープラーニングの始め方
3.ディープラーニングの構造とエッジデバイスでの制限
4.エッジデバイスでディープラーニングを動かす
5.演算量の削減方法と量子化
6.量子化ディープラーニングのためのBlueoil
対象者
必須
・Linuxでの基本的なコマンドライン操作ができる方
・VimかEmacsでのテキスト編集ができる方

歓迎
・プログラミング言語Pythonの基礎知識がある方
開催日数
1日間
受講時間
6時間程度
価格
10万円(税別)/ 1人
講師
飯塚 健太郎
飯塚 健太郎
2010年代初めごろから、大手モバイルゲーム開発会社にて様々な開発プロジェクトに従事。APIサーバ、フロントエンド、ビルドパイプラインなど幅広い技術を扱いつつ、プライベートでは機械学習やエッジデバイスを用いたプロジェクトを開発。2018年11月、開発方針に惹かれLeapMindに入社。2019年よりBlueoilプロジェクトをマネジャーとして牽引。
冨田 浩明
冨田 浩明
複写機メーカーにてコンピュータHW開発、ASIC開発、並列画像処理等のR&Dプロジェクトに従事。2018年9月よりLeapMindにJoinし、ハードウェアチームのマネージャーとしてプロジェクトを推進。
※講師は変更になる可能性がございます。

過去にご参加いただいた企業

お申し込みはこちら